アスパラギン酸は疲労に対する抵抗力を高めます

アスパラギン酸は、アスパラギン酸アミノフェラーゼという酵素の働きでできるアミノ酸です。豆類、特にもやしのように発芽しかけた豆類やサトウキビに多く含まれています。

このアスパラギン酸とアンモニア、アデノイド三リン酸にアスパラ銀合成酵素が作用すると、アスパラギンが合成されます。また逆に、アスパラギンに酵素が作用するとアスパラギン酸に変化します。

アスパラギン酸のはたらき
タンパク質の合成に使われるほか、尿の合成を促進する作用があります。尿として排泄されるアンモニアは、体内で循環系に入ると毒性を発揮しますが、アスパラギン酸はこのアンモニアを体外に排除し、中枢神経系を守るのを助けます。

また、アスパラギン酸は窒素代謝、エネルギー代謝に関与し、疲労に対する抵抗力を高めるはたらきがあります。スポーツ選手がアスパラギン酸を摂取すると、スタミナが増すことがわかっており、スタミナ強化を謳ったドリンク剤にも使用されています。

また、カリウムマグネシウムカルシウムを運ぶ作用があり、これらのミネラルの補給剤として、アスパラギン酸塩が使われています。

アスパラギン酸を多く含む食品
アスパラギン酸は豆類、サトウキビ、アスパラガスなどの食材に含まれていますが、熱に弱い為、加熱しすぎないようにしましょう。また、もやしにもアスパラギン酸は多く含まれています。